【超特急】リョウガの本名の意味がカッコいい!!

好きな単語は「超特急」、好きな英語は「Bullet-Train」、乗りたい号車は「8号車」な私です、こんにちは。

突然ですが、みなさんは好きな漢字ってありますか?

私は「超」と「特」と「急」です!

はい、ゴメンナサイ!

漢字と言えば、超特急メンバーの本名って割とみんな書ける字ですよね。

晃一とか海とか・・・リョ・・・リョウガとか・・・ブルブル・・・。

稜雅ってなかなか難しいな!

他のメンバーの拓弥とか祐基とか佑亮とか太陽とか、読み方は置いといても書くのはそれほど難しくありませんよね。

スポンサーリンク

リョウガの稜の字は実は…

超特急 リョウガ 本名

船津家の稜雅さんの「稜」の字、これは実は漢字検定準1級に出てくる漢字なんです。

学校では習わない漢字なんですね。

どういう意味の漢字かと言うと、「なだらかな稜線」なんて言葉、聞いたことありませんか?

山々が連なっている景色で、上の方の線だけをなぞったものを稜線って言うんですが、「稜」の字自体は「物の角」のことなんですね。

山々の頂点という角を結んだ線なので「稜線」というわけです。

稜雅の漢字の意味がすごい!!

「稜」の字には他にも意味があります。

それは「威光があって神々しい」という意味です。

リョウガの「雅」の字はご存知の通り、「みやびやか、上品」という意味があります。

ということは本名の「稜雅」という名前は「上品で威光があって神々しい」って意味になりますよね?

なりませんか?

いやいや、なりますよね!

つまり、リョウガは後光が差してとっても眩しいやんごとなきお方・・・ということに・・・!!

さすが我らがガリガリーダー、雅の世界よのぅ~。

は!だからあんなに細いのかしら!?

それは関係ないのかしら!?

スポンサーリンク

稜の字のもう一つの意味

実は「稜」の字には、もう一つ意味があったりします。

「気骨稜稜(きこつりょうりょう)」という言葉があるのですが、その意味は「自分の信念を守って、貫き通そうとする気概にあふれている様子」なんです。

「稜稜」だけだと「気性などが厳しいこと」という意味になります。

「稜」一文字ではありませんが、こんな激しい意味があるんですね。

むしろリョウガにピッタリなのはこちらの意味かもしれません。

リョウガの超特急に対する姿勢や取り組み方は、まさに気骨稜稜と言うべきスタイルですよね。

リーダーとしての生きざまに、名前の持つ本質が溢れていると言っても過言ではありません。

これからもイケイケドンドンで!

リーダーのリョウガの本質がまさに「気骨稜稜」だったということは、これからもますます超特急を牽引して、もっと先を、もっと上を見せてくれるということだと思います。

この先も夢の終着駅を目指して突っ走るラインを、稜稜たる気性のままイケイケドンドンで突き進んで行ってもらいたいものですね。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ